ブログの始め方

ブログ1記事に最適な文字数は?2000字目安で書いた結果どうなったか

ブログ1記事に何文字くらい書けばいいの?

・文字数の目安は考えなくていい
・読者のお悩みを解決してあげることを1番に考える

それが500記事以上書いてきた私の答えです。

私はブログ初期の頃、最低でも2000字以上で書いていました。
コンサルで教えられたし長文の方が上位表示されているブログが多かったからです。

文字数が足りない・・焦りから、意味のない文章を付け足して読者のことを考えない書き方を続けていました。

最悪なことにGoogleからペナルティを受けてしまいアクセスが落ちる経験もしました。

ですがブログは文字数ではないことに気付き改善してきた結果、ブログ収益化に成功したのです。

そんな経験も入れつつ、ブログ記事の文字数は何文字書いたらいいかについて書いていきます。

文字数に悩まなくて大丈夫だよ!

ブログ1記事の文字数は気にしなくていい!

ちょっと前までは、長文の方が上位表示すると言われていて文字数が多い方が良しとされていました。

でも現在、GoogleがSEO評価するのは文字数ではなく質です。

だから1万文字の記事よりも3000文字の記事が1位を取っているのはよく見ますし、どれだけ読者の疑問に応えられているかが評価されていると言えます。

ブログは読者ファーストが大切です

ブログは文字数が大切なのではなく、読者が知りたい情報がちゃんと詰まった記事になっているかが大切です。

2000字に足りないからとりあえず書き足しとけ、とかになってしまうとブログ本来の意味がなくなってしまいます。

私も文字数を増やすだけの意味のないことをしていました。

そうなると読まれない、上位表示もされないので注意が必要です。

長文SEOの時代は終わった

とにかく長文(1万文字〜2万文字くらい)書けばOK!のような風潮がありました。

でもGoogleのガイドラインによると

・読者ファーストであること
・コピペではなくオリジナルの記事を書くこと

を推奨していて、文字が少なくてもニーズを満たしていれば上位表示されるようになっています。

キーワードによっては文字数が多くないと説明できない場合もあるし、逆に文字数が少なくても情報を網羅することができます。

キーワードごとに情報を整理して、読者のために記事を書くことが大切です。

読者のお悩み解決のためにはある程度の文字数が必要!

長文を書けばいいわけではないのですが、月間検索数が多いキーワードは長文記事が上位を占めていることが多いです。

その場合は同じくらいかそれ以上の文字数で情報を網羅する必要があります。

読者のニーズを満たすためには自然と文字数が多くなるはずです。

不自然に文字数を増やすのだけはやめましょう。

あとは運営歴が長いほどドメインパワーが高いので、新規ドメインで始めた初心者は諦めずにコツコツと記事を書いていきましょう。

狙うキーワードに必要な文字数を調べる方法

文字数は気にしなくてもいい理由をまとめると

ブログは読者のお悩み解決のためのもの

文字数が少なくてもニーズを満たしている記事が評価される

でもある程度の文字数がないと上位表示されない

こういったことでした。

ここからは、ニーズを満たし文字数もある記事を書く方法を解説します。

実際に私も行なっている方法です。

見出し抽出ツール(無料)が便利!

このツールは、上位表示されている記事の見出しタイトルと文字数が一気に抽出してくれる便利なツールです。

まずはラッコキーワードにログインしましょう。(基本無料です)

メニューの「見出し抽出」をクリックし

キーワードを入れて検索します。

そうすると!

このように見出しの詳細な内容と文字数まで分かってしまいます。

ただし!

この文字数はかなりアバウトです。

多分、本文以外の関連記事やメニューの文字数も一気に数えてしまっているので、実際の本文よりもかなり多い数字になっているはずです。

いくつかのブログで文字数をカウントしてみましたが、1500字の本文が4000字として計上されていたりしました。
なので、文字数については信用しない方がいいです。

重要なのはタイトル/URLのところの「見出しの詳細」です。

ここを見ればどのブログに何が書いてあるのか分かるので、自分のブログのネタに困りません。

そこからオリジナルの情報を付け加えたりしてオリジナル記事を作っていきましょう。

自然と文字数は上位記事に近付きます。

読者ファーストかつ文字数も増える記事の書き方

先ほどの見出し抽出ツールで抽出した見出しを、1位から5位まで読みます。

だいたいどのようなことをライバルが書いているかが分かります。

ライバルたちの記事構成を参考にしながら、オリジナル記事を作っていきます。

ターゲット層が違うと思うので、あなたの読者に役に立つ内容をしっかり考えて、構成していきましょう。


具体的なおすすめの書き方は、いきなり文章を書き出すのではなく、見出しだけを書いていきます。

全体が整ってから細かい文章を書きます。

こうすることで全体像を見渡せるので、かたよった文章にならないし、効率も良くなります。

文字数にとらわれすぎていた私の体験談

私の失敗談になります。
参考にしてください。

【体験談】1記事2000字目安で記事外注してきた結果と感想

VODアフィリエイトブログのことです。

初期の頃、記事は全部外注に書いてもらっていました。

文字数もですけど、記事数も多ければ多いほどいいと思っていました。


1記事2000字で発注していました。
なぜ2000字かというと、コンサルからは1500字以上はあるべきと教えられ、それなら2000字くらいあったらいいかなあと思って決めた文字数でした。

2000字あれば大体のキーワードの内容は入れました。
見出しは全部私が決めて、それを外注に渡したので、あまりブレることもなかったです。

VODアフィリは、映画やアニメなどのネタバレやキャラクターのことについて記事にするんですけど、外注さんは映画やアニメのことを知らない人もいるので、内容的に薄い記事になることが多かったです。

調べて書いているんだろうけど、そつなく書いてる感。
2000字以上と指示してあるのでなんとかそこに入れようとしています。

>>当時外注に書いてもらっていた記事の例

この時はターゲット設定も曖昧だったから、誰に向けて書いているか分かりにくいし心には響かないと思います。

で、そんな記事を量産してきた結果、月に1万円も稼ぐことはできなかったです。

結局その後、全部自分で記事を書くようになりました。

【体験談】2000字にとらわれるばかりに意味のない文章を増やした結果

FX関連ブログのことです。(今は消してしまった)

FXツールについて書いていた時、そもそも私はそこまでFXについて知識がなくて、人の記事を真似ばかりして書いていました。

丸パクリにならないよう構成を変えて語尾や言葉を変えていました。

それで2000字ってかなり厳しかったです。

挨拶文を長くしてみたり、まとめの文章をむやみに長くして調整してみたり。

全く読者のことを考えていませんでした。


外注も使いつつ記事を量産した結果、なぜか少しずつアクセスが下がっていきました。

本来なら記事数が増えることでブログのボリュームが多くなってアクセスも上がるものなのですが、逆です。

ついにはアクセスほぼゼロまで来てしまい、そのブログは辞めざるを得ませんでした。

下の記事で当時の状況を書いています。

>>個人ブログで検索順位やアクセス数が下がりだしたら復活は難しい

WordPressブロックエディタで文字数が分かる便利機能

WordPressでクラシックエディタを使っていた時は、今書いている文字数が下に表示されていました。

今、主流のブロックエディタにはそのような機能はなくなってしまいました。

でも、もっと便利な機能があるんです。

投稿ページの左上にiマークがあるので、クリックしてください。

するとなんと!

文字数と見出しまで抽出してくれています。

見出しも一目で見れるので、全体がわかって手直しも簡単にできそうです!

ぜひiマークを使ってみてください。

まとめ:ブログ1記事の文字数は気にせず、読者ファーストで書こう

・Googleはオリジナルコンテンツを評価する
・文字数ではなく記事の内容が一番大事

これらの理由から、文字数は気にしなくてもいいということでした。

特に初心者は1000字書かなきゃなどと縛られがちなんですが、そういうことではないということを覚えておいてください。

私も最初は全然分かっていなくて、ブログって人を幸せにしないといけないよな。。と感じてから少しずつ分かるようになりました。

ブログで稼ぎたいという気持ちはあって当然!

でもそこに読者も幸せになり自分も幸せになる方法を考えるといいと思います。

ブログを始めるなら必読!