AdobeCCを最安値で買うには?詳しくはこちら

クラウドソーシングおすすめ5選!フリーランスデザイナーが稼ぎやすいのはどこ?

クラウドソーシングはフリーランスデザイナーが手軽に案件を取る方法の一つです。

今はクラウドソーシングを提供するサービスはたくさんあり、どれを使えばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

実際にクラウドソーシングサイトで案件を取り、収入を得てきた私が、フリーランスデザイナーにおすすめのサービスを紹介します。

目次

フリーランスにおすすめのクラウドソーシングサービス5選

ここでは実際に現役フリーランスデザイナーの私が利用したおすすめのクラウドソーシングサービスを紹介します。

①クラウドワークス

クラウドワークス はこの業界では知らない人はいない最大手のサービスです。

クラウドワークスによると、クライアントは10万社クラウドワーカーは71万人が登録しているそうです。

クライアントは個人から法人まで様々なので、自分に合ったお仕事を探すことができます。

デザインの依頼も多く、ホームページ・LP・ロゴデザイン・バナー・印刷物など本当にたくさんのジャンルで依頼があります。難易度も、副業でできる簡単なものから本格的なサイト作成など幅広いです。

クライアントの依頼に応募して選ばれたらお仕事ができるシステムです。

  • タスク形式
  • コンペ形式
  • プロジェクト形式

仕事の進め方はこの3種類があり、デザインはコンペかプロジェクトのどちらかに応募します。

コンペ形式はその名の通り、デザイン案を作って気に入られたら受注となります。

逆にプロジェクト方式は応募しておくだけ。クライアントから選ばれればお仕事スタートとなります。

手数料は5-20%かかるので、報酬から差し引いて計算しておきましょう。

>>クラウドワークス 公式サイトを見てみる

②ランサーズ

ランサーズ は日本で最初に登場したクラウドソーシングサービスです。

調べたら2008年頃に始まったらしいですね。

基本的なサービス内容はクラウドワークスとほぼ同じで、クライアントも依頼も数多くあるので探すのに困らないでしょう。

実績が貯まって満足度も高いと、「認定ランサー」に昇格することができ、昇格すると仕事が取りやすくなるシステムです。

クラウドワークスとランサーズ、何が違うのか、どちらがいいのか、という問題ですが、最初はどちらも登録しておくべきです。そこから自分にはどちらが合うかがわかると思います。

>> ランサーズ 公式サイトを見てみる

③ココナラ

ココナラはクラウドソーシングというより、「スキルマーケット」と呼んだ方がいいかもしれません。

クラウドワークス・ランサーズは、クライアントの募集に対して、デザイナーが応募しないといけませんが、ココナラは逆です。

クライアントが直接デザイナーを探しに歩いてきてくれます。

ポートフォリオや経歴をみて、気に入ったデザイナーに声をかけてくれるんですね。

だから、デザイナーのペースで商談が進みます。

また、ランク制度もあり、報酬額や満足度が上がると「プラチナランク」になれます。

プラチナになれるとココナラサイトで上位に表示される確率が上がりますし、信頼感が上がります。

ココナラにも出品中です

ココナラはこちらから→

招待コード(ポイントがもらえます)
BQ1KAV

個人的にはデザイナーにおすすめしたいサービスの一つになります。

ただ、注意点もあるので、下の記事もあわせてご覧ください。

④Bizseek

Bizseek は、システム手数料が業界最安値のクラウドソーシングサービスです。

簡単な軽作業の仕事が多く、Webデザイン系の仕事は少ないですが定期的にチェックすれば新しい案件があるかもしれません。

一番のメリットは手数料が安いこと!

今まで紹介してきた3社は20%くらい取られるのに対し、Bizseekは10万円超えても5%(税別)です。

副業で簡単な作業がしたい人にはおすすめのクラウドソーシングサイトです。

>>Bizseek 公式サイトを見てみる

⑤Craudiaクラウディア

Craudiaクラウディア は軽作業・ライティング・Webデザインなど幅広いジャンルの仕事があります。

Craudiaは報酬額により3〜15%(時間制方式は一律10%)の手数料で仕事を受けられます。

クラウドワークスやランサーズよりもかなり安いですね。

ただ、Bizseekと同じく案件数は少ないのでここだけで安定させることは難しいと思います。

とりあえず登録をしておき、複数のサービスと併用して使うことをおすすめします。

>>Craudiaクラウディア 公式サイトを見てみる

どこに登録すればいい?初心者のクラウドソーシングサービスの選び方

数が多すぎてどれに登録すればいいか分からない方にまず登録してほしいのはこの2つ。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

この2社は大手で案件数も多いので必ず登録してほしいです。

ほぼ確実に仕事が見つかると思います。

2つのうちどちらがいいのかということですが、個人的には「ランサーズ」がおすすめです。

私も2つ登録しましたが、続いたのはランサーズの方だったので。。

はっきりとは言えないのですがランサーズの方が、クライアントがしっかりしていて報酬も良かったように思います。案件にもよりますね。。

そしてサイトが使いやすかったのもランサーズ。(個人的に)

まずはランサーズに登録してみて、あんまりだったらクラウドワークスに登録してみてください。

ただどちらも市場よりは報酬は安いので、もっと高い単価じゃないとダメなんだ!っていう方は、最初からクラウドワークスは利用しない方がいいです。

クラウドソーシングを実際に使ってみた感想

クラウドソーシングサービスは、集客に困ってないデザイナー以外は、ぜひ使ってほしいサービスです。

全国から仕事が集まっていて、穴場な仕事も結構見つかります。

私がクラウドソーシングで大変だと感じたことは

  • 実績ゼロだと仕事が取りにくい
  • ライバルが多すぎてコンペに通らない
  • 進行しにくい(チャットだけなので向こうがネットを見ないと進まない)
  • 報酬の未払い
  • 報酬が安い
  • 手数料が高すぎる

逆に良かったと思うことは

  • コンペだと他人のデザインが見れて勉強になる(非公開ではない場合)
  • ランクアップするとクライアントから直接声がかかる
  • リピーターができる
  • 困ったらランサーズサポートに相談できる

まとめ:フリーランスデザイナーにおすすめのクラウドソーシングは?

案件がたくさんあって活発なクラウドソーシングサービスは

クラウドワークス ランサーズ

ココナラ

です。

この3社はぜひ登録して利用してみてほしいサービスですね。

フリーランスは自由な反面、全て自分でコントロールしないといけません。

収入が安定するようにクラウドソーシングサービスは複数登録し、リスクを分散させましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

プレリスのアバター プレリス フリーランスWebデザイナー

フリーランスWebデザイナーの主婦です。印刷会社に10年勤務後、育児と両立しながらオンラインでWeb制作を開始。主婦がデザインやブログで稼ぎ自立する方法を発信しています。

目次